まだ見たことのない色がある——。

グッズ販売coming soon

クラウドファンディング
ありがとうございました

最新情報はこちら

Official Twitter

作品紹介

introduction

夢と責任の狭間で、新しい生き方を模索する人間ドラマ──。

美しい水中映像を織りまぜながら、人生の葛藤を描く。

叶えたい夢と現実、大切な家族や仕事への責任。本作の主人公は誰もが直面するテーマに思い悩み、時には周囲の人間と衝突しながらも、自分なりの答えを見つけていく。
監督・共同脚本をつとめたのは、国際短編映画祭での受賞歴を持つ新鋭、南あさひ。なまり節工場や静岡の港町に根づいた生活の風情を基調に、美しい水中映像や幻想的なシーンを織りまぜ、物語を色彩豊かに描ききった。企画・共同脚本を手がけ、主役を演じたのは長谷川直紀。自らが家業と俳優業との両立に向き合いながら本作を製作した。一つの枠にとらわれずに新しい挑戦を続けるなか誕生した「海の色は夢のつづき」。この映画そのものが”新しい生き方”の体現でもある。

あらすじ

story

選ぶって苦しい。
だけど諦めたくない。

かつては新進気鋭の水中写真家として注目された松田洋だったが、いまは妻の早織とともに静岡に戻り、家業である松田なまり節工場の後継ぎとして働いている。
あくまで夢を追い続けたい洋だったが、明治から続く伝統の重みや父親の過去に触れ、家業に対する責任感が芽生え始める。自分の進むべき道がわからなくなってしまった洋は、やがて彼を応援する早織ともギクシャクしてしまい──。

出演

cast

松田洋 役

(長谷川直紀)

「松田なまり節工場」の後継ぎ。かつて新進気鋭の水中写真家として注目され、今もその夢を追い続けている。家族や家業に対する責任との狭間で揺れる。

はせがわ なおき|主な出演作:「シン・ゴジラ」「West End Girls」「青天を衝け」「夏目漱石の妻」「白い巨塔」など

早織 役

(永楠あゆ美)

洋の妻。3ヶ月前に洋とともに静岡に移住し、今はリモートで働いている。以前はミュージカル俳優として大きな劇場公演で活躍していたが、スパッと引退した。

えな あゆみ|主な出演作:主な出演作:「荒ぶる季節の乙女どもよ。」「緊急取調室」「地獄のガールフレンド」など

松田徹 役

(猪股俊明)

洋の父。「松田なまり節工場」の社長。2年前に妻・真美子を亡くした。工場をなんとか切り盛りしている。口数が少なく厳しいが、従業員からは慕われている。

いのまた としあき|主な出演作:「川の底からこんにちは」石井裕也監督、「ドライブ・マイ・カー」濱口竜介監督/「て」「夫婦」ハイバイ、「ねー」愛知芸術劇場

マサ 役

(関本昇平)

「松田なまり節工場」のベテランスタッフ。飲み会番長としても顔が広く、自然と噂話が寄ってくる。

せきもとしょうへい|主な出演作:「余命10年」「受付のジョー」「嫌われ監察官 音無一六」「キム・ソジュン」「会社は学校じゃねぇんだよ」

武 役

(髙橋雄祐)

「松田なまり節工場」のスタッフ。新入りだが人懐っこく、誰とでもすぐ仲良くなる。おちゃらけた、ムードメーカー的存在。

たかはし ゆうすけ|主な出演作:映画「無頼」、映画「僕たちは変わらない朝を迎える」、ドラマ「お茶にごす。」

ヨシ 役

(友松栄)

「松田なまり節工場」のスタッフ。少しとぼけており、よく叱られる。でも憎めない、みんなの愛されキャラ。

ともまつ さかえ|主な出演作:「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」「監察医 朝顔2」

松田真美子 役

(大沼百合子)

2年前に亡くなった洋の母。洋と徹の間に入って、いつも家族を温かく見守ってきた。

おおぬま ゆりこ|主な出演作:映画「イカロスと息子」「先生を流産させる会」等/CM 「損保ジャパン」「了聞(東京地区)」「ロート製薬目薬」

加藤桜子 役

(渡会久美子)

洋の叔母で、徹の妹。家業への思い入れは人一倍強く、「私が男だったら継げたのに」とよく口にしている。

わたらい くみこ|主な出演作:Netflix「浅草キッド」、COCOON PRODUCTION2021「泥人形」

加藤進 役

(豊富満)

桜子の夫。陽気な性格で、豪快に笑う。かわいい孫たちは目に入れても痛くない。

ほうふ みつる|主な出演作:TV「安宅家の人々」「気骨の判決」「龍馬伝」/吹替「靴職人と魔法のミシン」「スポットライト」「毒戦」

竹下灯 役

(石橋真珠)

桜子の娘。2児の母。公園のブランコで子どもたちと遊ぶ時に、誰よりも張り切って腕を骨折した。

いしばし まだま|主な出演作:映画「マンゴーと赤い車椅子」「ハニーフラッパーズ」。現在はQVC等テレビ通販番組に出演中

取引先 役

(磯貝幸毅)

マンションの住人 役

(木村龍)

竹下雫 役

(山本雫)

竹下堅真 役

(藤原堅真)

監督

director

南あさひ監督・共同脚本

コロンビア大学大学院フィルムスクール修了。ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017の脚本コンペで最優秀賞を受賞し「ブレイカーズ」を脚本・監督(本名の後藤美波 名義)。
地に足ついた日常の細やかさから、映画ならではの大胆なジャンプを色彩豊かに描く。

コメント

comment

人生の岐路に立った際の迷いに共感し、決断に勇気をもらいました

単なる自由な若者と伝統に固執する老人の対比だけの映画ではない。一つ一つのシーンをフレームに入れて壁に飾りたくなる、とても暖かく、美しいアート作品

私も田舎育ちで、窮屈に感じる日々もあったので、自分らしくいるときの開放感と海中の映像美が重なり、いろいろ気付かされた時間でした

とっても感動しました!親戚との絡みや女性ならではの苦労…とても共感しました。笑ったり泣いたり胸が痛くなったり、すごく感情を揺さぶられました

漁港やなまり節の工場、ダイビングした海も色々な場所が織り込まれていて、目からも楽しかったです

予告編

trailer

劇場情報

theater

静岡県(静岡市)

シネ・ギャラリー

7月30日(土)ミニ音楽ライブ・舞台挨拶付き上映会

午前の部 開場10:30/開演11:00
午後の部 開場13:30/開演14:00
チケット・詳細はこちらから

静岡県(浜松市)

シネマイーラ

8月11日(木・祝)上映会